MENU

    

\相談・見積り無料/

\ご相談可能スケジュールはこちら

【Smart Slider 3】WordPressおすすめプラグインの使い方/投稿内にスライダーをつけてみよう!

この記事では、「Smart Slider 3」の使い方をご紹介します。

目次

Smart Slider 3 インストール

プラグインの新規追加で「Smart Slider 3」と検索。

「今すぐインストール」→「有効化」をしましょう。

WordPressダッシュボードから、
「Smart Slider」→「ダッシュボード」→「Don’t show again」をクリック。

スライダー作成

「NEW PROJECT」をクリック。

「Create a New Project」をクリック。

無料版ではこちらを選択します。

「名前」には、後から自分が管理する時にわかりやすいスライダーの名前を任意でつけておきます。
カスタマーには表示されません。

画像を追加

「スライドを追加」→「画像」をクリック。

画像を保存したら、一旦保存しましょう。

右下にある「保存」をクリック。(なぜかグレーがかってるけどクリックできます。笑)

この個所を設定していきます。

サイズ

幅や高さはお好みで設定してください。
下の方にある「全幅を強制」をOFFにする。(デフォルトだとここがONになっています。)

操作

ここの好きなように設定してください。

今回は、スライダーにどんな画像があるのかわかりやすいよう、サムネイルをつけます。

サムネイルは、この部分のことです。

「サムネイル」をON。
すると、「Hide ON」という欄がでてきます。
こちらはデフォルトでは「モバイル」にチェックがついています。
どういうことかというと、「スマホではサムネイルを表示しない」という意味です。

スマホでもサムネイルを載せたい場合は、ここのチェックを外します。

その他

あとは、「アニメーション」・「自動再生」・「スライド」をお好みでカスタマイズしてください。

「最適化」・「開発者」は特にいじらなくてOKです。

設定が完了したら「保存」をクリック。

ブロックエディタでの使い方

「+」をクリック。

「Smart Slider 3」をクリック。

検索で「slider」と打ったら出てきます。

「Select Slider」をクリック。

先ほどSmart Slider 3のダッシュボードで作成したスライダーが表示されますので、
載せたいスライダーをクリックし、「INSERT」ボタンをクリック。

すると、スライダーが簡単に挿入されました。

スライダーの画像を変更・追加したい場合は、Smart Slider3のダッシュボードで編集すると自動的に反映されます。

 

以上です。お疲れ様でした!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次